個人売買 1954年式VWタイプ1 オーバルウインドウ・・・。 こだわりのビートルフリークのためのスペシャルです。 スーパーカー 趣味車 旧車 名車 絶版車 趣味人お手伝いサイト SEiyaaセイヤー! その他の車を見る SEIYAA TOP
 Copris Club Nostalgic Car Selection
 
 '54 VOLKS WAGEN type-1 ”BEETLE” OVAL Window
 
 

       

   
今回ご紹介するのは1954年式VWタイプ1 オーバルウインドウ・・・。
こだわりのビートルフリークのためのスペシャルです。

VWタイプ1は1938年に軍用車として量産型の製造がはじめられ、その後2003年までの生産で「累計生産台数2152万9464台」という車史上類を見ない傑作車です。
設計をしたのはフェルディナンド・ポルシェ博士。そしてその指示をしたのはかのアドルフ・ヒットラー・・。
さて、細かく車の説明をすると長くなりますので、さわりの部分を少しだけ。(これだけの名車ですからどうしても必要なところです。)

1933年にドイツの首相となったヒットラーに関しての評価はご存じのとおりです。が、ドイツの工業界や世界の車業界にとっては重要な財産と功績を残しました。

その功績というのが・アウトバーンの建設(今回は説明省きます) ・フォルクスワーゲンです。

首相に就任した1933年ベルリン国際自動車オートバイ・ショーでヒトラーは

  • これから国の良し悪しは鉄道ではなく、道路の長さで決まる。
  • 自動車が金持ちのものである限り、それは貧富を分ける道具にしかならない。
  • 多くの国民のための移動手段であってこそ、車は文明の利器なのである。
  • 我々は『国民のための車』を持つべきなのである。

と語りました。

ヒトラーはアウトバーン建設と同時に『国民が一家に一台車を持ち、週末にはドライブを楽しむことが保養になる。』という方針を打ち出したのです。これがフォルクスワーゲン(peoples car=国民の車)計画です。

フォルクスワーゲンというのは国民の車という意味だったんですね。

そしてこの車の設計を依頼されたのがドイツ シュトゥットガルトに自動車設計とコンサルティングを行なう事務所を設立していた”フェルディナンド・ポルシェ博士です。

ヒトラーはカーマニアでしたから、自動車の知識が豊富で、いろいろと細かい部分までリクエストをしたようです。
その的確なリクエストや計画するにあたっての相談や質問はポルシェ博士を驚かせ、感心させたそうです。

・大人2人と子供3人、荷室がある小型車であること。

・燃費が良いこと(7Lの燃料で100km以上の走行)
・アウトバーンを高速走行できること(連続巡航速度100km/h以上 )
・車種シリーズは少なめで互換性が高いものであること
・1つのエンジンで、救急車にも偵察車にも大砲の重牽引車にも使えること
・丈夫で分解と修理、交換が容易な空冷式エンジンであること
・標準化を進め、車体の生産もエンジンの生産も単純化することが必要

そして計画の中でヒトラーが最もこだわったのは1000マルク以下という価格
当時どれだけ安い小型車であっても1500マルクはしていました。

こうした数多くの厳しいリクエストはポルシェ博士の「大衆向けの小型自動車をつくりたい。」というずっと描き続けてきた思いに、いっそう火をつけました。

ポルシェ博士のガレージには優秀な若手技術者が集められ、作業は始められました。
プロトタイプ完成を待たずに、再びベルリン国際自動車オートバイ・ショーの開会式で登壇したヒトラーは「優れた技術者、ポルシェ博士とそのスタッフの努力により、ドイツの国民車が誕生の運びになったのを喜びたい。」
「中型オートバイより安く、しかも燃費の良い小型車をドイツ国民に贈ることが、将来必ず可能になるものと信じている。」と国民に対して先行発表します。

そして、ポルシェ博士は計画開始から3年後の1936年に空冷リアエンジン、リア駆動のプロトタイプカーを完成させたのでした。
(このリアエンジン、リア駆動方式はビートル以外にもポルシェ356やポルシェ911(空冷エンジンは 993タイプまで続いた)に受け継がれています。)
しかしながら第二次世界大戦という混とんとした暗闇が世界を覆う中、ドイツにおける国民車構想もやむなくとん挫するのです。

戦中、戦後の占領下の紆余曲折の時代を経てようやくタイプ1は世に出ることになるのですが、その後の大成功は皆さんご承知のとおり。
特に最大の輸出先であるアメリカで絶大な支持を受けたことがフォルクスワーゲン社躍進の基礎となったのです。

日本では”ヤナセ”が1952年よりから取り扱いを開始。「寒冷時に急な往診があっても(暖機運転が必需であった当時の水冷エンジン車と違い)速やかにコールドスタートできる」「頑丈なドイツ製品」という実用性を伴ったキャラクターは開業医の間で好まれ、医師自らハンドルを握る「ドクターズカー」として使われる例が多かったようですね。このため、昭和30年代には「お医者さんの車」として一般大衆にも知られるようになりました。

さてこの子のご紹介です。1954年式オーバルウインドウ・フルレストア 12V仕様車両(ちょいカスタム・・・すぐ戻せるよう配慮済)

ボディーカラーは当時の純正のブルー(すごくきれいな色です)。

詳細は各欄に譲るとして、すごく気になる子です。

こだわりのVWマニアの方でしたら、とりあえず一度お手元においてもと思うのですがいかがでしょうかね。

 EXTERIOR 1
 
元々状態の良かったボディーを有名なビルダーのもとで総剥離した上で当時のVW純正色で全塗装。抜群の質感です。
特別大掛かりなメタルワークを施す必要もなく、純正ボディを生かした緻密な修正が施されての仕上げです。

実際仕上げてから複数年経っているようですが、ほとんど倉庫の中で眠っていますので、状態としてはレストア当時のまんま。

小傷や小錆、えくぼ等皆無です。もちろん倉庫の中での埃かぶりはご愛嬌ということで。
それにつけてもいい車体色です。

ちなみにこの子に関してはもともとオリジナルのビンテージスタイルだったのを、
オーナー様の好みで若干車庫を下げて”CAL LOOK風”に
リアのブットいホイールはわざわざアメリカから直輸入・・・。

尚ノーマルホイール+キャップもありますのでヴィンテージスタイルがお好きな方でしたらすぐに戻してあげてくださいな。

どちらもかっこいいですけどね。




   
   
   
   

 
こだわりなんですよね。当然ながらオリジナルのバンパーなのですが、丸囲みの部分はあえてこだわって当時のまんまの状態で
維持されています。ボディーのレストアと塗装に相当こだわっているのにここをあえて残すというのがこだわりなのでしょう。

結構この感覚好きです。

 EXTERIOR 2
 

最初期の量販モデルは、その丸みのあるボディに合わせリアには2分割タイプのスプリットウィンドウが採用されていました。
ところが視認性が悪いという意見が多かったため、1953年より楕円形タイプのオーバルウインドゥが採用されたのです。
通称「オーバル」というニックネームで親しまれてきたのは皆さんご存知のとおり。

ただしここから先がディープな世界でして、ひと言で「オーバル」といっても細部においてデザイン形状の相違がみられます。
VW好きなら純正度の高い車両を求めるのは自然な流れ、そうした細部の違いを把握するマニアも少なくないのですね。


オーバルウィンドウ時代の前期は1955年型まで。特徴的なのは「ハートテール」と呼ばれるテールライトや「セマフォー」、
ドア内側のプレスラインやドアハンドルの形状など細部におよぶのですが、どうですか画像をご覧になって、

思わずにんまりでしょ。わかるマニアのための1台です。


 
皆さんご存知”ハートテール” こだわりだすとどうしても
避けて通れないのですよ。

 
 
ウインドウ周りのゴム類も新品のようです。

 
   
保管が悪いとステップの丸囲みの部分に錆が発生していたり、
ドアノブとかモールがくすんでたりしますが御覧のとおり
きれいなもんです。

 
こんなところにも小錆が出やすいんですよね。きれいでしょ。
 
   
この子が装着しているキャリア かっこいいですよね。

 
皆様ご存じのとおりフロントの紋章は1959年までは
フルカラーのメダルが装着されているのですね。
 

   
 
リアホイールは大枚はたいてアメリカから輸入です。
もちろんノーマルホイールはお付けいたします。
 
フロントのホイールはノーマル。
ホイールキャップは付属いたします。

 
古き良き時代とでも言いましょうか・・・。1955年式の前期型オーバルウインドウまでの装備「セフォマー」。
それにしても味のあることといったら・・・。

 INTERIOR
 
オリジナルの質感をよく残したインテリア。状態は抜群です。
シートやドアの内貼りもすべて当時の意匠で張り替え済です。
微妙に時代がかったさまがいい味わいを醸し出していますね。


   
 
フロントシート シミ、ほつれなどもありません
充分いい状態だと思います。
 
リアシート 使用感ありません。
乗り込みもしやすそうです。

 
天井汚れているわけでありません。光線によるコントラストです。
 
オーバルウインドウでこの後方視界ですから、
スプリットウインドウであったなら推して知るべしです。

   
 

 
 MECHANISM
 

1200ccのスタンドエンジンをリビルトし換装。(もちろんオリジナルのスタンドエンジンをもう一基お付けいたします)
基本のビジュアルをあまり損なうことなくジェネレーターを12ボルト用に交換、走行性を考慮した電装系の12ボルト化も実施済。


この子に関しては走る、止まる、曲がることにおいて何も不具合などないようです。
始動性、アイドリング時のエンジンのばらつき、機関からの異音もなかったことをお伝えいたします。
若干のオイルにじみはあるようですが空冷エンジンのキャパの範疇です。

のんびりゆっくり人生の友としてお付き合いください。



 

 
       
  ◆ コプリスクラブ取材記 ◆

高知県取材第3弾
今回の子もいいでしょ。1954年式オーバルウインドウ。
天才技術者フェルディナンド・ポルシェ博士のみがなしえた稀代の傑作車です。

1930年代後半にこのような車を創造し、また具現化したことは長い自動車史を語る中で、避けて通ることができない偉大なヒストリーですね。

かつては町中いたるところで出会うことができた”タイプ1”ですが、(私の学生の頃なんぞPOPEYEなんぞに良く取り上げられてましたので、大学の駐車場にはCAL LOOKにおめかしされた子が、それこそごろごろいましたっけ。)最近ではマニアの集まり以外では残念ながら見かけることが少なくなりました。あそうそう、ビートル占いなんてのもありました。見かけたビートルのボディーカラーで金運だの恋愛運だのを占うインチキ臭いやつでしたっけね。(ああ懐かしい。じじいになると昔のことがよく思い出されます。)

実は何人様か生粋のVWフリークの皆さんを存じ上げているのですが。
正直その知識と熱量たるや。私など及ぶべくもありません。深~い世界です。

ということで、お問合せの皆さんもそんな泥沼の中から”ぬちゃッと”手をもたげた
”河童”’(失礼)マニアの方に違いありませんから、どこまで対応できるやら・・・。(微妙に不安)

まあ取材で見たまんまをお答えいたしますからまずは気楽にお問合せくださいませ。

見学の際は高知龍馬空港のごく近くですから、比較的気軽にお越しいただけるかな・・・。(期待)

ご連絡お待ちいたします。





ps:土佐の男性は気っぷと男っぷりがよくてかっこいいのですが、本当に強いのは女性だそうです。

 
貴重な1954年式オーバルウインドウ
ビートルフリークの皆様に。






出品地 高知県

価格変更2019/12/12
¥3,380,000⇒¥3,230,000





*車検は2021年1月まで。




*個人売買ですので消費税はいただきません










掲載車両に関しての質問及び購入、見学のご希望は下記までご連絡願います。

Copris Club 代表 影山まで h・fone:090-4257-9113  e-mai:copris@zc4.so-net.ne.jp











◆ 出品車両募集 ◆

◆大事な愛車の出品ご希望の方は携帯もしくは上記メールまでご連絡ください。
出来る限りご自宅まで取材に伺い、責任をもって私がページを作成いたします。
 
SEIYAAでは、安心して次の方へ受け継がれるように、随時、購入・見学者様の身元確認などの多数の業務を行っており、所有者に直接連絡を取った者+受けた者(オーナー)は、ペナルティ(規約違反)として、WEB上に身分を掲載する、または、迷惑料1万円~を請求しますので、マナーをお守りください。

日本最大 世界中の趣味人たちが、安全に個人売買が行える、お手伝いサイト 


購入する
その他のクルマを見る自分も出品する利用規約-会社概要

SEiyaa セイヤー!!は 、弊社の登録商標です。
2003 Copyright (c) SEiyaa セイヤー!! Allrights. No reproduction or republication without written permission.
2003年 SEIYAAがすべての権利を保持しています。許可のない転載、再発行を禁止します。

100店舗突破!SEIYAA加盟店募集


inserted by FC2 system