個人売買 NISSAN R35 GT-R ” Black Edition ” スーパーカー 趣味車 旧車 名車 絶版車 趣味人お手伝いサイト SEiyaaセイヤー! その他の車を見る SEIYAA TOP
 Copris Club High Performance Car collection
 
 NISSAN R35 GT-R ” Black Edition ”
 
 

       

   
R35GT-Rかっこいいですね。
ハコスカの時代から現代まで脈々と連なるGT-Rの系譜・・・。レースシーンで培われたその技術とはどの時代でも多くのドライバーのあこがれ。まさに国産スポーティーカー(R35NISMOなどはスーパーカー以上の実力ですが)の金字塔です。

ただニッサンGT-Rといえば、古くからのファンはスカイラインの最上級グレードを想像するかも知れませんが、現行のGT-Rは過去のGT-Rとはまったくの別系統の独立した立ち位置のスーパースポーツであり、最上級のスポーツカーであるポルシェに真っ向勝負を挑めるほどのポテンシャルを証明したことで、世界にその名を轟かせているのです。
大阪なおみさんはもちろんのこと、なんとウサイン・ボルトも所有しているそうですよ。

超が付くほどの高性能に比して、ニッサンGT-Rのドライビングは特別な作法を必要としません。
誰もが想像する位置に操作系が配されており、すんなりとエンジンを目覚めさせ、走り出すことができます。2007年にデビューしたニッサンGT-Rは、毎年のように改良が施されるイヤーモデル制となっています。
つまり現行モデルは、10年以上も熟成が繰り返されてきたことになるのです。

例えば、初年度のモデルと比べると駆動系の滑らかな動きには隔世の感があります。
デビュー当時は高性能車にありがちな駆動系からのノイズが漏れていたようですが、現在では熟成が進み巌のようなボディと滑らかな駆動の対比に高尚な雰囲気すら漂っています。

私なども道でのすれ違い時に思わず「おおっと」なりますもんね。

巷のうわさでは2022年をもってNISSAN GT-Rそのものの存在がなくなるなどという話もあるようですが、どうなんでしょうね。


 
さてこの子のご紹介です。
年式は2014年。走行距離は4500km。新車時からのワンオーナー。
メンテナンスはもちろんディーラーと、中京地区で有名なチューニングショップの"アバンス名東"さんが担当。

当然ながら雨天未使用、ガレージ保管。高速及びタウンユースのみでサーキット等での走行は一切なし。

オプション装備としては
・専用フロアカーペット
・ドライカーボン製リアスポイラー  ・レイズ製アルミ軽量鍛造ホイール(ブリジストンRE71R装着9部山) 
・サッチャム準拠車両盗難システム  ・ニスモスポーツリセッティングECU
                              これだけで総額140万程度でしょうかね。


それ以外でも
・BRIDE ストラディアⅡ(運転席、助手席)バケットシート(新車納車時にディーラーで交換。ノーマルは新品で保管。もちろんお付けいたします。)

・もう1セットレイズ製のアルミ軽量鍛造ホイールに純正タイヤを装着して保管。(ちなみにこのホイールは4本で税別50万です。)もちろん現車に付属いたします。
それ以外でも
・ノルドリンク トランクリッドスポイラー(ドライカーボン製) ・GTR Dシェイプカーボンステアリング
(もちろんノーマルあり)  ・ダイヤモンドボディーコーティング
油脂類に至っては前述の”アバンス名東”さんで最高のものをチョイスして定期的に管理されています。

ね。ワクワクするでしょ。

実はオーナー様は足がお悪く、普段は車いすで生活されています。そのため手動式の運転装置(アクセル&ブレーキ)が装着されていますがすぐ取り外しは可能です。(装着していても運転に差し障りはありません)


あえてネガティブなことを申し上げれば飛び石による微小な小傷がグリルとバンパー等にごくわずかありますが、言われなければほぼわかりません。(これは自己申告によるもので取材時私は気が付きませんでした。オーナー様は大変几帳面な方ですから・・・・。)

別にご紹介させていただいているR32GT-R同様、1/1のプラモデルとして作り上げるまでの過程をを無上の喜びとしてお考えの方です。
新しいオーナー様がいざ自身でモディファイをするとなるとこれがなかなか・・・・。

本当に程度のいいR35GT-Rをお探しの方、ぜひこの機会にいかがでしょう。

 
 EXTERIOR 1
 
美しく、大迫力なリアエンド。

   
   
   
   
トランクの中は決して広いとまでは言いませんが
ゴルフバック2個分のスペースは確保されています。
   
 EXTERIOR 2
 
R35GT-Rはエンジンを車両前方に、クラッチ・トランスミッション・トランスファーを車両後方に配置する、
世界初の独立型トランスアクスルを採用した「プレミアムミッドシップパッケージ」がとられています。
駆動方式はR32型以降のスカイラインGT-Rと同様に4WDとなり、四輪駆動システムにはR32型以降のGT-Rにも
採用されているアテーサE-TSの改良版が採用されました。


   
   
 
ドライカーボン製リアスポイラーとトランクリッドスポイラーが迫力です。
 
   
   
   
このホイール 基準車のホイールに対しF:-1.6kg、R:-1.4kg
の軽量化が図られているのです。タイヤはRE71Rの9部山

 
 INTERIOR
 
ほぼR35GT-R新車のまんまのコクピット。
何も申し上げることはありません。

ちなみにメーターはは左端から、340km/hまでの速度計(スピードメーター)、回転計(タコメーター)、
ギア数、水温計が装備されています。家庭用TVゲームのグランツ―リスのシリーズの開発を手掛ける
ポリフォニー・デジタルが担当した画面デザインなのですが、
多機能なマルチファンクションディスプレイ(MFD)を搭載しています。

エンジンの始動・停止は、センターコンソール上のシフトレバー後方に位置する赤いエンジンスタートボタンで行います。


 
実走行4472km
 
このシフトレバーの横に見えるレバーは手動式運転装置ですがすぐ取り外せます。
 km  
   
納車時に取り付けいただいたBRIDEバケットシート。
もちろん新品の純正シートもお付けいたします。
   
 MECHANISM
 
エンジンは、職人の手作りのVR38DETT型 3.8L V・ツインターボエンジンを搭載。初期のモデルは最高出力480馬力、2008年12月の
小改良以降のモデルは485馬力、2010年11月発売の2011年モデルは530馬力、2012年モデルから2015年モデルまでは550馬力、
2017年モデルは570馬力、2014年2月末販売のNISMOモデルは600馬力を発生します。最大トルクはマイナーチェンジ前の
2007年12月登場モデルが60.0kgf·m、2011年モデルが62.5kgf·m、2012年から2016年モデルまでが64.5kgf·m、
NISMOモデルが66.5kgf·m、2017年モデルが65.0kgf·mとなります。技術の日産の面目躍如というところでしょうか。

ニッサンGT-R駆動系は、スカイラインGT-Rの時代から継承される「ターボ4駆」ですが、実際の構成は複雑で他に似るものがありません。フロントに配されるエンジンは570psを発生する3.8リッター V6ツインターボですが、瞬間的なシフトチェンジを実現するデュアルクラッチタイプの6速ギアボックスはエンジンの直後ではなく、リアシート間あたりにマウントされることで前方に偏りがちな重量配分を是正しています。エンジンが発生したパワーは車体後方のギアボックスに導かれ、そこから4輪に駆動力が配分される仕組みです。
最先端の4駆らしく、その駆動力は電子制御によって必要な車輪に必要なだけ分配されるシステムになっているのです。


   
 
 OTHERS
   
純正のブリジストンフラットタイヤ(9部山)はもう1セット
別に保管されているレイズ製アルミ軽量鍛造ホイールにセットして
保管されています。

 
       ◆ コプリスクラブ取材記 ◆

いかがですか、今回ご紹介する子は。
オーナー様は先にご紹介させていただいたR32GT-Rと同じ方。
先にも記載しましたが足をご不自由にされているためほとんど乗ってあげることができずかわいそうだからということで今回ご紹介させていただいています。
基本的に愛情と時間と手間と、そしてお金をふんだんにかけてプロの手により仕上げられた子たちですから、状態は申し分なし。
今回のR35GT-Rにしても走行4500kmあまり、新車時からのワンオーナー。まあ新古車みたいなものです。

ご覧のとおりオーロラ・フレア・ブルーパールのボディーカラーが落ち着いた大人の装いです。
また走らせればおおよそ600ps弱の馬力(ECUチューンで)
ですから、それはそれは素晴らしい・・・。 

R35GT-Rもいよいよモデルチェンジの声を耳にする昨今ですが、長年にわたり日産のフラッグシップを担った名車です。
この機会にコレクションの一台に加えていただけませんか。
もちろんR35GT-Rは普段使いでも何ら申し分のない懐の広さをみせてくれます。
なんといってもATですからね。オートマ限定免許でも乗れちゃうんですよ。

以前R35GT-R”NISMO”をセイヤーを通じて80歳超の方にお嫁に出したことがありますが、行けちゃうんですよねこれが・・・。

はてさてまずはご見学にでもお越しください。車そのものはほぼ確認する必要もないとは思いますが、出来ましたらオーナー様と楽しいひと時を過ごしていただけたらなと思います。
大変チャーミングな方ですから話もはずむことでしょう。

それではご連絡お待ちいたします。
                               2020/3
                             コプリスクラブ 代表 影山雄三

 
ジェントリーな装いのR35GT-R 特別仕様満載です。
走行距離はなんと4500kmあまり・・・。どうしてもハードに使われた個体が多い中で
今回ご紹介する子は大事に大事に保管されてこられました。状態は当然抜群です。




出品地 愛知県



¥8,800,000





*走行距離は4500km

*
車検は2021/3月まで。
*年度変りにつき自動車税の月割ご負担お願いいたします。







*もちろん個人売買ですので消費税はいただきません。












掲載車両に関しての質問及び購入、見学のご希望は下記までご連絡願います。

Copris Club  代表 影山雄三まで 
h・fone:090-4257-9113  e-mai:copris@zc4.so-net.ne.jp








◆ 出品車両募集 ◆

◆大事な愛車の出品ご希望の方は携帯もしくは上記メールまでご連絡ください。
出来る限りご自宅まで取材に伺い、責任をもって私がページを作成いたします。
 
SEIYAAでは、安心して次の方へ受け継がれるように、随時、購入・見学者様の身元確認などの多数の業務を行っており、所有者に直接連絡を取った者+受けた者(オーナー)は、ペナルティ(規約違反)として、WEB上に身分を掲載する、または、迷惑料1万円~を請求しますので、マナーをお守りください。

日本最大 世界中の趣味人たちが、安全に個人売買が行える、お手伝いサイト


購入する
その他のクルマを見る自分も出品する利用規約
-会社概要

SEiyaa セイヤー!!は 、弊社の登録商標です。
2003 Copyright (c) SEiyaa セイヤー!! Allrights. No reproduction or republication without written permission.
2003年 SEIYAAがすべての権利を保持しています。許可のない転載、再発行を禁止します。

100店舗突破!SEIYAA加盟店募集

inserted by FC2 system