個人売買 LOTUS EUROPE S スーパーカー 趣味車 旧車 名車 絶版車 趣味人お手伝いサイト SEiyaaセイヤー! その他の車を見る SEIYAA TOP
nakatani Trading inc
 The Elegant Coupe
 Original Elite
 




The・Elegant・Coupe/Original・Elite

Lotus Elite
 


今回ご紹介するのは英国を代表する
ブリティッシュライトウェイトスポーツカーLotusElite
世界中でロータスの価格が上昇し始め、さらに高嶺の花
と化したEliteですが、今後益々価格上昇する事でしょう
スポーツカーマニアにとっては必要なピースの一つ・・

エリートは1957年から1963年までの間に僅か998台製造さ
れ、クーペスタイルの美しさは世界一とも評されました

実力はそのエレガントな姿に反して、Le Mans24におい
1959年の初参加では総合8位、1.5LClassでNo1。
その後6年間に渡り1.3LClassで負け知らずのNo1という
実績を持っている。

ライバルであったアルファSZやアバルトシムカ1300GT
も打ち負かしたのである。

英国のライトウエイトスポーツカーの黄金期は50年代か
ら60年代と言われておりますが、うなずけます。

車両情報
1962年 COLOR:Red
有効車検:3年8月22日
全長:375mm 全幅:148mm 全高:114mm
走行距離:38,900MI(未確定)
ENGINE:コペントリークライマックス1.21L


 




 


ロータスと言いますと軽量且つ秀逸なハンドリングが
代名詞ですが、このエリートの車重はなんと720Kg

日本屈指のレーシングドライバー浮谷東次郎氏が名古屋
までS600のトランクに壊れたエンジンを載せて修理に
行ったという話がある。

エリートが積むエンジン。
元は消防ポンプ用に開発されたものをElite用に。
コベントリー・クライマックスのF・W・Eは・・・
Fether/Weight/Eliteは羽のように軽いエリートの為の
エンジンという意味です。
ですから・・大人の男性でしたら、一人で持てる。
しかもS600のトランクに入ったんですね。

共通の量産エンジンが当たり前の世界で・・
エリート・・貴方だけの為のエンジン。カッコ良すぎます。


 
   
  SIMPLE IS BEST

実にCOOLですよね~
ロータスらしいDESIGNです。

2020年になった今でも、惚れ惚れします。

優雅に見えて本当は生粋のレーシングカー。

正に勝つためにコーリン・チャップマンによって生み
出されたエリート。

発売当時はポルシェ911よりも高額でしたので、
誰にでも乗れるような代物ではなかったんですね。

軽さを極めたレーシングGTはロータスの傑作です。
Fan to Drive楽しんでみませんか。
   




      
       
このエリートのポイント

【POINTⅠ】

生産終了から57年、現在現役で走れるエリートは世界で
何台存在するのでしょうか
元々998台のみの生産です。
しかもレーシングカーですから事故で減ったり、経年に
より朽ちてしまったりしているのが多いでしょう。
ただ置いてあるのでは無く、実際に完調で乗れる。
それが重要です。

【POINTⅡ】

内装の状態も非常に良い状態です。
オリジナルの香りがプンプンしております。

【POINTⅢ】
アメリカの有名なロータス収集家が所有していた個体
で証明書があり、キチンとしています。
素姓はとても大切です。

POINTⅣ
どんなメカニックが作業したかはとても大切です。
これからも安心して乗る為に・・
そして、ロータスらしく乗る為に・・メンテ実施

【POINTⅤ】
現代の車にはない三角窓が有りますので、意外と走って
いれば涼しいです。止ると暑いですが・・・

【POINTⅥ】
こうした歴史的価値あるものを引継ぎ、これからの世代
へと引き渡していくと言う事は、ロマンではないでしょ
うか。
新車当時のようなスペックを引き出すことで、この当時
購入した人の気持ちやコーリン・チャップマンの心意気
を感じる。
良いじゃないです。

【POINTⅦ】
2020年7月に安心に乗れるようにメンテを実施。
・キャブレター脱着・マニホールド脱着
・タペットカバーガスケット交換
・パッキンワッシャー交換・オイルギャラ
 リーチューブのアタッチメント擦り合せ加工
・キャブレター分解・メインジェット芯だし
・アジャストナット作動不良につき
 ナットベース加工・フィラーキャップ脱着
・タンク脱着・マフラー脱着
・プロペラシャフト脱着
・ドライブジョイント脱着
・サスアームラバーボールマウント脱着
・デフマウントボルト脱着
・ブレーキホースライン脱着
・サイドブレーキケーブル脱着
・デフェナンシャルASSY脱着
・ブレーキキャリパー脱着
・フレアーナット脱着
・キャリパーOH・キャリパーピストン加工修理
・キャリパーシールキット

*購入したものの乗れる状態で無いのは辛いですよね。
*でも故障は旧車の勲章です。

























       【なかじいの取材記】


今回の個体は『なかじい』の蔵出しシリーズの車両です。
ロータス好きの私にとってタイプ14は夢でありました。

チャップマンが本気でトライしたこのエリートには、
通常の車に投入するには余り有る装備が施されました。

もう58年も前に4輪独立懸架、4輪デスクブレーキのリア
はなんとインボードタイプというまるでレーシングカー
という当時の最高技術を惜しみなく投入してチャップマン
の理想を形にしたのです。

チャップマンが全身全霊を打ち込んで造ったエリート
がチャンとした状態ならどんなハンドリングなのか!
著名なレーサー達が壊した超軽量高回転エンジンは
どんな感じなのか?
出来る限り再現して乗ってみたい!
私はそうして当時の感覚を味わってみたい派なんです。
ですから、雰囲気を味わったら次の車に乗ってみたく
なる。
一種の病気なんですね。

これも蔵出しとして次の方へとお譲りしようかと・・・

車の基本的な技術はこの時期には完成していたんですね。
現代は、それをベースに色々と追加している。

完成を更に完成させていくと便利になり、人は考えなく
ても、ぼーっと車を運転できるようになります。

だから現代の車にはワクワクやドキドキ、ときめきが
少なくなってしまったんでしょうね。




若い頃、車屋さんの親父さんから蘊蓄を聞いたり・・
手を真っ黒にして、キャブをバラしたり、
オイルをかえたり、プラグの焼け具合を見ては
次はメインジェットどうのこうのと挑戦しては、壊して
しまって、親父さんにお世話になったりと面白かった
な~


昔の車には『余白』があって乗る人を育ててくれた。
そんな気がします。


内輪の話ですが、私の旧車に息子が興味を持ち乗り始め
ました。
『これメチャクチャ面白い』!!!

『だろ』現代の車より面白いだろ

・・・でもね。
しっかりと面倒見ないとスネるからな・・
・・・と脅かしてありますが、
その内道の真ん中で洗礼を受ける事でしょう。

でも、そういう事を経験することで覚えて行くのです。

トラブルも一つのイベントとして楽しむ!
それぐらいの緩やかで大らかな気持ちで楽しむのが、
長く楽しむコツでしょうね。

強者達と話をするとアクシデントは、最大の勲章と化
します。

大きなアクシデントほど嬉しそうに話す大先輩の方々
には今後も教わることが山程有りそうです。

皆さんもビンテージカーのほのぼのライフをお楽しみ
下さいませ。

































 



































   



 EXTERIOR

 



   
   
   
   
   
   




 
 INTERIOR

 



   
   
   
   
   



 MECHANISM
 
 


   
   
 
   
   




 出品地  静岡県

車両価格:998万円


まずは、お気軽にご連絡下さい。
見学大歓迎でございます。

車両価格には自動車税月割りとリサイクル預託金が別途必要になります。
陸送に関しましても、お気軽にご相談下さいませ。


ご質問に関しては、下記まで

↓↓↓
メール:seiyaa_sizuoka@yahoo.co.jp
担当:中谷携帯 090-3308-0912


大切にしてきたモノは、永く次世代に受け継いでもらいたい。

車を愛す方法は人それぞれです。
エンジンや足回りなどの機関に拘り、外見よりも中身が大切という人もいるでしょう。

とにかく時間があれば磨いて愛情を注ぐ人もいるでしょう。

その他様々な愛し方があると思います。

共通するのは、モノを大切にして愛しているから『愛車』といえるということ・・
のような気がします。

そんな愛車も色々な理由で手放さ無ければならないときが必ず訪れます。
今までの注ぎ込んだ愛情が深いほど、その決断は辛いものです。

自分らしさに立ち戻る為の相棒なのだから・・・・手放すのであれば、
『愛車』の事を分ってくれる方に引き継ぎたいと・・・私なら思います。

私がSEIYAAをはじめた理由は・・・
私自身が『愛車』に出会った感動と他人に譲る時のさみしさを味わってきたなかで、
『愛車』の美点を輝やかせて紹介し、それを理解してくれる方に引継いでもらう
喜びを共に味わいたいと思ったからです。

今まで沢山のお客様と出会いました。沢山の友人が出来ました。
  ・・北は北海道から南は沖縄まで・・

モノを大切にする方はヒトも大切にする方が多いように思います。

SEIYAAでは、貴方の大切な『愛車』を引継いで下さる方を探すお手伝いを
させて頂いております。

ご興味がございましたら、お気軽にご連絡下さいませ。

心を込めてHPの作成を致します。

  SEIYAA静岡 (株)ナカタニトレーディング 
Nakatani :090-3308-0912
 Meil:seiyaa_sizuoka@yahoo.co.jp   
 


【ご出品のお申込みは】 

出品無料! 


簡単な出品までの流れ!

①まずはご連絡下さませ。 

②電話もしくはメール等のやりとりをした後、取材させて頂くかもしくは、
画像をお送りいただき、 ホームページの作成を致します 
 
③取材の場合はご自宅や近くの公園など 景色の良いところでさせて頂きます。
お車の状態や思い出、拘りなどをもとに記事を作成致します。 

④HPの作成にはお時間を頂きます。 

⑤ご出品には出品車の車検証、所有者の免許証 
(身分証明になるもの) 

*遠方の場合、交通費などの経費を頂く場合もございます。
*交通費等


ご出品は、お気軽に下記までご連絡くださいませ。 

メール:seiyaa_sizuoka@yahoo.co.jp 


携帯:090-3308-0912(中谷英明)

SEIYAAでは、安心して次の方へ受け継がれるように、随時、購入・見学者様の身元確認などの多数の業務を行っており、所有者に直接連絡を取った者+受けた者(オーナー)は、ペナルティ(規約違反)として、WEB上に身分を掲載する、または、迷惑料1万円~を請求しますので、マナーをお守りください。

日本最大 世界中の趣味人たちが、安全に個人売買が行える、お手伝いサイト


SEiyaa セイヤー!!は 、弊社の登録商標です。
2003 Copyright (c) SEiyaa セイヤー!! Allrights. No reproduction or republication without written permission.
2003年 SEIYAAがすべての権利を保持しています。許可のない転載、再発行を禁止します。

100店舗突破!SEIYAA加盟店募集


SEiyaa セイヤー!!は 、弊社の登録商標です。

2003 Copyright (c) SEiyaa セイヤー!! Allrights. No reproduction or republication without written permission.

2003年 SEIYAAがすべての権利を保持しています。

許可のない転載、再発行を禁止します。

inserted by FC2 system