個人売買 Harley-Davidson WL  1942’  旧車 オートバイ サイドカー 趣味車 スクーター 個人売買お手伝いサイト SEIYAA セイヤー  − その他のオートバイを見る SEIYAAトップ

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆nakatani Trading inc’☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 
Harley-Davidson WL
 1942’
 




Harley-Davidson, inc.

Harley-Davidson WL 1942’
 
今回ご紹介するのはHarley-Davidson WLです。
1942’Modelです。
1942年と言えば、12月8日に真珠湾攻撃があった年です。

時代背景からWLは軍事車両WLA『WL-ARMY』の生産が主と
なり、1942年のWLの生産台数は142台のみ。

今回ご紹介のWLはその142台の内の1台です。


 




 


生産台数の少なさに加え、今回ご紹介の個体はオリジナル
PARTSが主で有ることが、重要なポイントです。

HARLEYに限らず、ビンテージバイクの価値はオリジナル性
が重要視されております。

しかも実働コンディションですので、直ぐに乗り出せます


オーナー様のコレクションは全てBESTな状態でスタンバイ
しているのが素晴しい。

ただ飾っておくだけで無く、実際にエンジンを掛け公道
へと繰り出すことが出来る。
モノにも意識があると言いますが、本当に喜んでいると
思います。



 
   
 
このPARTSもオリジナル。
稀少なGUIDEのWinkerが揃っています。
Tank-Emblemはリプロになりますが、その他はオリジナル
PARTSが主になります。

一つ一つのPARTSにも拘る。
稀少なPARTSを国内外から探し出して揃えていく・・
これも楽しみの一つです。

この個体を本当に大切にして下さる方にのみご紹介致し
ます。本気の方は是非お問合せ下さい。

そして、Fan to Rideを楽しんで下さい。


 





 

       ★このHARLEY-WLのポイント★


【POINTT】

オリジナルのHaley・WLです。
拘ったレストアに脱帽です。



【POINTU】

ナンバーも付き、直ぐに乗り出せる。
飾り物ではありません。
山に海にと出掛けて行ける状態なのが素晴しい。



【POINTV】
どんな方が所有して、どんなメンテナンスをしてきたかと
言う事は、非常に重要なポイントです。
今回ご紹介の個体をお持ちのオーナー様は徹底して仕上げ
る方で、全ての個体がベストな状態でキープされておりま
す。



POINTW
現在車検が切れておりますが、ナンバーが付いており、
車検取得も可能ですから、実働で個体を楽しめます。




【POINTX】
車検証に保安基準が昭和16年になっております。
これも、維持していく事に置いて非常に重要なポイント
です。




【POINTY】
車両情報:730cc 一人乗り 車重240Kg
    :長さ226cm 幅:91cm 高さ:108cm















       【なかじいの取材記】


今回ご依頼を頂き東北へGO。
いつもお世話になっております。
ロイヤルカスタマー様の所へ伺いました。

いつもながらダンディーなオーナー様のコレクション。
私が何故こうして遠くまで伺うかと申しますと個体の素晴
しさもさることながら・・・

人との出会いがとても楽しいからです。

往々にして車やバイク、特に旧いモノを大切にする方は、
人間的にも魅力的な方が多いのです。


モノを大切にする人が魅力的なのか?
魅力的な人はモノを大切にしているのか?

全てが当てはまるとは言えませんが、魅力的な人はモノも
人も大切にする人が多いように思います。

今回お世話になったオーナーはとても魅力的な方で、仕事
や人生に関してもとても勉強になりました。

価値あるモノを価値ある状態でキープするのは、簡単に見
えて、そうではありません。
執念に近い情熱が必要です。
諦めないで追求するエネルギーがいるんですね。

オーナー様の所有する個体全てに言えることですが、一つ
一つのPARTSをオリジナルにしていく。
本来の姿に仕上げて、次の世代へと受継いでいく・・
今私が出来る事を尽くそうという観念がこの個体を価値あ
るモノにしているのでしょう。

素敵じゃないですか。

今回の個体はオリジナルの鉄製ヘッドです。
殆どのものは、アルミ製に変ってしまっていますから・・
これは、本当に稀少です。

歴史的な遺産をしっかりと受継ぐ事を覚悟出来る方へと
繋げて行くとても稀少な個体です。


個体の状態は画像からのご確認頂けると思いますが、実際
はもっとオーラがあって素晴しいです。
とは言え、故障がまるで起らないと言うわけではありませ
ん。

乗りこなす為にはある程度の知識と技術を必要とします。

ですが、誰にでも初めては有ります。
アクシデントを楽しみながら、知識や技術を身に付ける!
それも、こうした個体を持つ醍醐味です。

いつもお世話になっているオーナー様ですが、
非常にキチッとされている方です。
今回他にもご紹介しますが、その全てが素晴しい。

とことん仕上げる方ですので、この方の後に車を引継が
る方は本当にラッキーです。


本気の方は是非一度ご覧下さいませ。





































 



































   




 EXTERIOR

 



   
   
   
   
   
   





 
 PARTS








   
   
   
   
   





 MECHANISM
 
 


   
   
 




 出品地  東北地方

車両価格:240万円





まずは、お気軽にご連絡下さい。
見学大歓迎でございます。
*見学には規定により手付金が必要です。見学後キャンセルの場合は規定に従い返金致します。

車両価格には自動車税月割りとリサイクル預託金が別途必要になります。
陸送に関しましても、お気軽にご相談下さいませ。


ご質問に関しては、下記まで

↓↓↓
メール:seiyaa_sizuoka@yahoo.co.jp
担当:中谷携帯 090-3308-0912


大切にしてきたモノは、永く次世代に受け継いでもらいたい。

車を愛す方法は人それぞれです。
エンジンや足回りなどの機関に拘り、外見よりも中身が大切という人もいるでしょう。

とにかく時間があれば磨いて愛情を注ぐ人もいるでしょう。

その他様々な愛し方があると思います。

共通するのは、モノを大切にして愛しているから『愛車』といえるということ・・
のような気がします。

そんな愛車も色々な理由で手放さ無ければならないときが必ず訪れます。
今までの注ぎ込んだ愛情が深いほど、その決断は辛いものです。

自分らしさに立ち戻る為の相棒なのだから・・・・手放すのであれば、
『愛車』の事を分ってくれる方に引き継ぎたいと・・・私なら思います。

私がSEIYAAをはじめた理由は・・・
私自身が『愛車』に出会った感動と他人に譲る時のさみしさを味わってきたなかで、
『愛車』の美点を輝やかせて紹介し、それを理解してくれる方に引継いでもらう
喜びを共に味わいたいと思ったからです。

今まで沢山のお客様と出会いました。沢山の友人が出来ました。
  ・・北は北海道から南は沖縄まで・・

モノを大切にする方はヒトも大切にする方が多いように思います。

SEIYAAでは、貴方の大切な『愛車』を引継いで下さる方を探すお手伝いを
させて頂いております。

ご興味がございましたら、お気軽にご連絡下さいませ。

心を込めてHPの作成を致します。

  SEIYAA静岡 (株)ナカタニトレーディング 
Nakatani :090-3308-0912
 Meil:seiyaa_sizuoka@yahoo.co.jp   
 


【ご出品のお申込みは】 

出品無料! 


簡単な出品までの流れ!

@まずはご連絡下さませ。 

A電話もしくはメール等のやりとりをした後、取材させて頂くかもしくは、
画像をお送りいただき、 ホームページの作成を致します 
 
B取材の場合はご自宅や近くの公園など 景色の良いところでさせて頂きます。
お車の状態や思い出、拘りなどをもとに記事を作成致します。 

CHPの作成にはお時間を頂きます。 

Dご出品には出品車の車検証、所有者の免許証 
(身分証明になるもの) 

*遠方の場合、交通費などの経費を頂く場合もございます。
*交通費等


ご出品は、お気軽に下記までご連絡くださいませ。 

メール:seiyaa_sizuoka@yahoo.co.jp 


携帯:090-3308-0912(中谷英明)

SEIYAAでは、安心して次の方へ受け継がれるように、随時、購入・見学者様の身元確認などの多数の業務を行っており、所有者に直接連絡を取った者+受けた者(オーナー)は、ペナルティ(規約違反)として、WEB上に身分を掲載する、または、迷惑料1万円〜を請求しますので、マナーをお守りください。


日本最大 世界中の趣味人たちが、安全に個人売買が行える、お手伝いサイト


購入する
その他のオートバイを見る自分も出品する利用規約
-会社概要

100店舗突破!SEiyaa セイヤー加盟店募集


SEiyaa セイヤー!!は 、弊社の登録商標です。

2003 Copyright (c) SEiyaa セイヤー!! Allrights. No reproduction or republication without written permission.

2003年 SEIYAAがすべての権利を保持しています。

許可のない転載、再発行を禁止します。

inserted by FC2 system