個人売買 '2013 BMW MINI JOHN COOPER WORKS"PACEMAN" スーパーカー 趣味車 旧車 名車 絶版車 趣味人お手伝いサイト SEiyaaセイヤー! その他の車を見る SEIYAA TOP
 copris club
 
 '2013 BMW MINI JOHN COOPER WORKS"PACEMAN"
 
 

       

   

BMWが製造するミニ・ファミリーの3ドアクーペ「ミニ・ペースマン」は、2011年1月にデトロイトショーで初公開され、日本では2013年3月に販売が開始されました。同じミニ・ファミリーに属するクロスオーバーSUV「ミニ・クロスオーバー」をベースとしながら、「スポーツアクティビティクーペ」を称するSUVとクーペを融合させたユニークなキャラクターを持つ何気に都会的な雰囲気のモデルとなっています。(私の主観ではなくBMWさん曰く)

スタイリングは、フロント廻りこそ兄弟車のミニ・クロスオーバーに類似したデザインでBMWミニの一族である事がわかるのですが、後方に向かってなだらかに下降するルーフラインと逆に後方に向かって上昇するベルトラインが織りなすサイドビューや、横型のリアコンビネーションランプを採用したリア廻りなど、全体的なデザインは独自の個性が備わるものとなっています。
 

いかがでしょう。斜め後方からのなだらかなルーフの眺めはレンジローバー・イヴォーグに何気に似ていると思いませんか。 

 

さて今回ご紹介する子は1.6Lターボユニットを最高出力218ps/最大トルク28.6kgmまでチューンナップして搭載し、専用エアロパーツやアンソラサイト採用のメーターパネルなどの内外装を備えるホッテストグレード「JCW(ジョンクーパーワークス)」となります。 

しかもフルタイム4WD「クーパー ALL4」。

足回りはがっちり固められ、45扁平のタイヤ装着で、体感的には少し硬いかなと感じますが、つくりはさすがBMWというところでしょうか。かっちりきっちり・・チープなつくりなどどこにも感じません。(私の大好きなクラシックミニとは隔世の感がありますね)

今回の取材時に短時間ですがオーナー様との横でドライブを楽しみました。これが速いのですよ。
アクセルを踏むと4輪すべてで地をつかみ、ぐわっと前に前に突き進むという感じですかね。

まぎれもなくスポーツカーです。

少し個性的なBMWミニをお探しの方でしたら一度お手元に置かれたら楽しいだろうなと思うのですがいかがでしょうか。

この子に関しては画像を見ていただいてもおわかりかと思いますが、大変美しく、まさにミント状態です。

走行距離はそこそこですが、とりあえず消耗品の交換ぐらいで、まだまだ十分楽しんでいただけると思いますよ。

時節柄むつかしい部分もありますが、タイミングが合えば一度見学にでもお越しいただけたらと思います。

ご連絡お待ちいたします。

ちなみになんで手放すかとのお話ですが、単純に車庫整理です。
(日ごろの足車は”ボクスター”なのですよ。うらやましい。)
  

 EXTERIOR 1
 

ミニペースマンのボディデザインは、フロントフェイスを見るとミニクロスオーバーとほとんど変わりませんが、サイドのラインや後方のデザインが違います。ルーフは後方に向かってなだらかに下がり、逆にショルダーラインは後方に向かって上昇するというシャープでエレガントな印象です。

またミニクロスオーバーには後方ドアがありましたが、ミニペースマンはスポーツ性をアピールするためか後方ドアのない3ドアモデルです。
車体が長く大きなドアを採用しているため、他の3ドアモデルよりも後部座席への乗り降りがしやすくなっています。(狭い場所でのドアの開閉は要注意)

シリーズ初の大型で横長のテールランプも特徴的です。大型ミニのワイドな横幅を強調するかのようなデザインになっていますね。
リヤの”PACEMAN”というネームエンブレムが堂々と存在を主張しています。

ちなみにクロスオーバーでは少し無骨過ぎてというアーバンユーザーをターゲットに開発されたそうです・・・・・。かっこいいじゃないですか。


   
 
この時代のミニのマスクを見るたびにスターウォーズを思い出します。
思いません?

 
   
 

丸囲みの部分に、ごく軽微ですが傷発見!

 

 
リアのハッチを上げると、それなりのスペースのラゲッジスペースが出現いたします。
開口部が大きいので使い勝手は良さそうです。

 EXTERIOR 2
 

昔でいうと”S"のエンブレムになるのでしょうかね。”JHON COOPER WORKS”のエンブレムが誇らしげです。
ボディーカラーに関しては好みはあるでしょうが純正のホワイトがよく似合っています。


   
   
   
 
4輪駆動なのですよ。

 
この感じ、まさに”イヴォーグ”。
   
   

 
バックモニター付きなのです。

 
   
 INTERIOR
 

ミニペースマンはシリーズ初のラグジュアリー路線で<ラウンジコンセプト>を採用。ゆったりとした贅沢な空間を演出しています。後部座席にもフロントシートのように独立したシートを搭載し、あえて4人乗りにしたことで快適でくつろげる室内空間を実現しました。

 

フロントシートやインパネのデザインはミニクロスオーバーとほぼ同様です。
運転席と助手席には身体をしっかりホールドしてくれるスポーツシートを標準で装備。センターレールも標準装備となります。

いかがですか、きれいな内装でしょ。状態は基本的にミント・・・。
10点満点中の8.5は上げられるでしょうか。


 
ミニといえばセンターメーターということなのでしょうね。

 
 
実走 63241km まだまだこれからですね。

 
シートの状態。ネガティブなところはありません。

 
あえて4人乗車にしただけあって、リアシートは大変余裕があります。
人呼んで「ラウンジコンセプト」だそうです。

 
   
6足AT ショックなどもなくスムーズに変速・・・。

   
   
 MECHANISM
 

ノーマルミニとはふた味も違います。

JCW クロスオーバーと同様、エンジンは1.6リットル直列4気筒ターボを搭載。
最高出力218psと最大トルク28.6kgmを発揮するユニットは、4輪駆動システム「ALL4」を通して地面にパワーを伝えます。
ちなみに標準装備では18インチのホイールが設定

現車に関しては特別「ここがどう、あそこがどう」というようなネガティブ部分に関してご報告することはありませんでした。(取材時において)
手間暇かけた大変良い状態のユーズドカーというところでしょうかね。
 




   
タイヤは前後とも225/45/18となります
   
 SPECIFICATIONS
 全長×全幅×全高  4135×1785×1525mm  車両重量  1480kg  エンジン  直列4気筒DOHC16バルブターボ
 最高出力  218ps(160kW)/6000rpm  燃料供給  電子制御燃料噴射  ブレーキ F:ベンチレーテッドディスク
R:ディスク
 サスペンション F:マクファーソン・ストラット
R:/マルチリンク
 変速機  6速AT  車検有効期間  2021年5月まで

 
JCWのペースマン・・・。これがかっこいい。
しかも速いのですよ。




出品地 愛知県




¥2,200,000(応談可)






車検は2021年5月まで





*自動車税の月割及びリサイクル券のご負担お願いいたします。
*個人売買ですので消費税はいただきません。










掲載車両に関しての質問及び購入、見学のご希望は下記までご連絡願います。

Copris Club  代表 影山まで 
h・fone:090-4257-9113  e-mai:copris@zc4.so-net.ne.jp









◆ 出品車両募集 ◆

◆大事な愛車の出品ご希望の方は携帯もしくは上記メールまでご連絡ください。
出来る限りご自宅まで取材に伺い、責任をもって私がページを作成いたします
SEIYAAでは、安心して次の方へ受け継がれるように、随時、購入・見学者様の身元確認などの多数の業務を行っており、所有者に直接連絡を取った者+受けた者(オーナー)は、ペナルティ(規約違反)として、WEB上に身分を掲載する、または、迷惑料1万円~を請求しますので、マナーをお守りください。

日本最大 世界中の趣味人たちが、安全に個人売買が行える、お手伝いサイト 


購入する
その他のクルマを見る自分も出品する利用規約-会社概要

SEiyaa セイヤー!!は 、弊社の登録商標です。
2003 Copyright (c) SEiyaa セイヤー!! Allrights. No reproduction or republication without written permission.
2003年 SEIYAAがすべての権利を保持しています。許可のない転載、再発行を禁止します。

100店舗突破!SEIYAA加盟店募集


inserted by FC2 system