個人売買  '56 Ford Thunderbird " Baby Thunder " スーパーカー 趣味車 旧車 名車 絶版車 趣味人お手伝いサイト SEiyaaセイヤー! その他の車を見る SEIYAA TOP
★即時即決 ”真”の趣味人同士の売約成立しました★

★”真”の趣味人(エンスージアスト)
同士の売約成立17万件突破★

★日本最大 ”世界中”
”真”の趣味人(エンスージアスト)たちの個人売買サイト SEiyaaセイヤーから、

また一つ、珠玉の名車が、

国内屈指の新たな
サンダーバード フリークの方へ、嫁いで行きました★

SEiyaaだからこそ、”受け継ぐことができる
希少な”真”の趣味人(エンスージアスト)による
フォードのコレクションは、こちらです!


考えるより、まず、手に入れて見なければわからないおもしろさ!
細かいことに悩んでいて、手に入れない時がたっても、何も得るものは無い!感性が鈍るだけ!
感性が新鮮なうちに手にいれよう!
それが、SEIYAAだけで手に入れることのできる、趣味人所有の趣味車の楽しみ方!

Copris club Nostalgic car Selection
 
 '56 Ford Thunderbird " Baby Thunder " 
 
 

       

 
初代サンダーバードを語るには、当時ライバルとされたC1コルベットも併せてお伝えしないといけませんね。(ちなみに私の案件で1958年式のC1コルベットがアップされていますのでご覧ください)

第2次大戦後のアメリカでブームとなったヨーロッパ製スポーツカーに対抗して、GMは1953年にシボレーコルベット、通称C1を発売し、絶大な人気を博しました。1953年式の初代C1から現代にいたるまでアメリカンスポーツカーの代表です。
歴代のモデルはまさにアメリカンとでも言いましょうか、アメ車好きの方には一つの到達点なのでしょうね。
最初期モデルは前衛的過ぎてスポーツカーと言える代物ではなかったようですが、年を経るに従い次第に成長。
欧州車好きの方から見ると好みは分かれると思いますが、これはこれでカッコイイ。
 先行するC1コルベットに対するフォードの刺客がサンダーバードだったのです。(まさにあの豊かなアメリカングラフィティーの時代ですね)

通称ベビーサンダーは1955年、コルベットC1より2年遅れて登場しました。
スタイリッシュな2ドアロードスターボディにV8エンジンを搭載したそれは、直6エンジンを搭載していたC1に対し明らかなアドバンテージだったのです。
またサンダーバードはスポーツカーではなく、パーソナルカーという位置付けで、同じ二人乗りながらV8エンジンも選べるスポーティで高級なパーソナルカーとして販売し、武骨なコルベットに対し乗用車的な快適さを備えており人気を博したのです。
ちなみに屋根は着脱式のハードトップで、オープンカーとしてもクーペとしても楽しめたのですね。
さすがフォードの販売戦略というところでしょうか。

初代サンダーバードの製造期間は1955年から57年のわずか3年間でした。
初代”コルベットC1”と同様、当時の若者をしびれさせた両雄は今でも燦然とアメリカ自動車史に名を遺す名車なのです。




   
     ちなみにこちらがC1コルベット



 
現車に関しては画像のとおりピカピカ、まさにミント。
この年代のアメ車はこうでなくてはいけません。
ボディーは総剥離の上全塗装、シートやインテリアもレストア済。
いったん仕上げていただいた状態に更に下記項目を今回の出品にあたり追加整備していただきました。

オルタネーター修理 ホワイトウォールタイヤ交換 アウタードアハンドル左右交換
フューエルセンダーユニット交換

シート張替えドアパネル張替えプラグ交換アクセルリンク回り脱着修理シフト調整

スピードメーター脱着修理水温系交換ホーン、ヘッドライト、ストップランプ、バックランプ配線修理
ワイパー本体交換

ブレーキペダルロット調整パワステバルブ交換 燃料ポンプ交換オイルプレッシャースイッチ交換

エンジンオイル交換パワーシートモーター交換エンジン調整パワーウインドー修理

全輪ブレーキドラム脱着シリンダー研磨カップ交換全輪ブレーキライニング張替えドラム研磨

まあとりあえず手を加えていただくところはないと思いますよ。

まあご興味のある方、まずはご連絡くださいませ。
さすがの存在感ですよ。

 EXTERIOR 1
 
美しいボディーです。エクステリア・インテリア共にまさにミント。
当時のアメ車好きの皆さんばかりだけでなく、歴史的な価値として車好きの皆さんの
コレクションに加えていただきたい1台です。


 
広く伸びやかなリアビュー。初代サンダーバードにおいて1956年モデルにしかデザインされていなかった
特徴がよく見てとれます。


   
   
   
   
   

 
後部視認性向上のために開けられた「ポートホール・ウインドー」と呼ばれるハードトップの丸形な小窓は、
56年モデルから適用。リアのコンチネンタルスタイルも含め、56年型だけのスタイルとなるのです。

 EXTERIOR 2
 
塗装の質感がよくわかるポジションです。
ちなみにルーフは比較的簡単に取り外しが可能ですが、やはり2人仕事かな。


 
特徴的なテールフィン。オールディーズファンはこれにしびれます。
また、リアバンパーに装備されるコンチネンタルキット(予備タイヤが入っているのです)は、
トランクのスペースを増す為なのですが、実際にはハンドリングに影響を及ぼすというこで
1956年のみ適用され、57年ではまた内部収納されるようになったのですね。

というところを含めて初代サンダーバードにおいて1956年式が特別な存在といわれる所以なのです。


   
   
   
   
 
この形状、いいですよね。

 
 
当時の雰囲気を伝えるホワイトリボンのタイヤに
15インチホイールを装備。
色のコントラストがまさに当時のアメリカン
 
ルーフの画像です。

   
   
どこもかしこもピカピカ。
この年代のビンテージアメリカンはこれでなくてはいけません。
 INTERIOR
 
細身の華奢なステアリングに3速ATのシフトノブや各所メーター類&スイッチ類は当時のままのオリジナル。
各部の動作に問題はないようです。


 
シートは当時の雰囲気を残すベンチタイプのレザーシート。
この子に関してはホワイト/ブラックで比較的にシックに仕上げられてるものの雰囲気はまさに”50
S”。

当時のサンダーバードは、C1に対するライバル的な存在と唱われていますが、
実際は過激なスポーツカーというよりは、より優雅なロードスターという雰囲気が充満しており、
全体的にゴージャスな印象で満たされています。まあアメリカ人が好みそうな雰囲気がムンムンですね。


   
   
見事にベンチシートらしいベンチシート

   
   
   
床面です。

 MECHANISM
 
エンジンは292Yブロックの℣8 ドロドロとアメリカンサウンドを響かせて驀進します。
もちろん292Yブロックは4.8ℓですのでその後の5ℓや7ℓの化け物と比べるとおとなしいのではありますが、
シャーシおよびブレーキやサスを考えたらこれで十分・・・。ですよね。

ミッションは3速AT、V8との相性は皆さんご存知のとおり。
ゆったりのんびり、時には・・・・・。

機関は電気系統を含めいれるべきは一通り手を入れていただいています。
まずはご安心を・・・。いずれにしても一度試乗されたらいいと思いますよ。


   
   
 SPECIFICATIONS
 全長×全幅×全高  470×176×133cm  車両重量  1630kg  エンジン形式  水冷V型8気筒OHV
 総排気量  4.8ℓ  最高出力  202ps/4200rpm  ミッション  3速AT
 サスペンション F:ダブルウイッシュボーン+コイル
R:リーフスプリング
 ブレーキ  ドラム  車検有効期間  一時抹消/予備県渡し可
★即時即決 ”真”の趣味人同士の売約成立しました★

★”真”の趣味人(エンスージアスト)
同士の売約成立17万件突破★

★日本最大 ”世界中”
”真”の趣味人(エンスージアスト)たちの個人売買サイト SEiyaaセイヤーから、

また一つ、珠玉の名車が、

国内屈指の新たな
サンダーバード フリークの方へ、嫁いで行きました★

SEiyaaだからこそ、”受け継ぐことができる
希少な”真”の趣味人(エンスージアスト)による
フォードのコレクションは、こちらです!


考えるより、まず、手に入れて見なければわからないおもしろさ!
細かいことに悩んでいて、手に入れない時がたっても、何も得るものは無い!感性が鈍るだけ!
感性が新鮮なうちに手にいれよう!
それが、SEIYAAだけで手に入れることのできる、趣味人所有の趣味車の楽しみ方!


そのおおらかさは古き良き時代のアメリカそのもの。




出品地 愛知県




*一時抹消お渡しもしくは予備検(適価)でのお渡しになります。
*走行距離はとりあえず不明としてください。

*もちろん個人売買ですので消費税はいただきません。








掲載車両に関しての質問及び購入、見学のご希望は下記までご連絡願います。

Copris Club  代表 影山雄三まで 
h・fone:090-4257-9113  e-mai:copris@zc4.so-net.ne.jp






◆ 出品車両募集 ◆

◆大事な愛車の出品ご希望の方は携帯もしくは上記メールまでご連絡ください。
出来る限りご自宅まで取材に伺い、責任をもって私がページを作成いたします
  
SEIYAAでは、安心して次の方へ受け継がれるように、随時、購入・見学者様の身元確認などの多数の業務を行っており、所有者に直接連絡を取った者+受けた者(オーナー)は、ペナルティ(規約違反)として、WEB上に身分を掲載する、または、迷惑料1万円~を請求しますので、マナーをお守りください。


日本最大 世界中の趣味人たちが、安全に個人売買が行える、お手伝いサイト


購入する
その他のクルマを見る自分も出品する利用規約
-会社概要

SEiyaa セイヤー!!は 、弊社の登録商標です。
2003 Copyright (c) SEiyaa セイヤー!! Allrights. No reproduction or republication without written permission.
2003年 SEIYAAがすべての権利を保持しています。許可のない転載、再発行を禁止します。

100店舗突破!SEIYAA加盟店募集

inserted by FC2 system